和食

和食が「ユネスコ無形文化遺産」に登録

和食

和食がユネスコ無形文化遺産に

2013年に、『和食、日本人の伝統的な食文化』として、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。
ニュースなどを見て、記憶に残っている人もいますよね。

和食といっても、単に日本人の食事が認められただけではありません。
日本人の伝統的な食文化は、季節や風土に応じた食文化、自然を大切にする日本人の習わしという意味が込められています。
一汁三菜というスタイルや、季節に採れる旬のものを味わう、それに合った器で食事を彩る、こういった日本人の食事に対する姿勢が、無形文化遺産として認められたのです。

欧米の食文化と比べても、日本人の食文化はとても健康的で、各国のお手本としてもふさわしいものだという自負を持ちたいものですね。

無形文化遺産って一体どんなもの?

名前の通り、形のないものを文化遺産として登録するときに『無形文化遺産』というジャンルに入れられます。
無形文化遺産に登録されるのは、世界の伝統芸能やお祭り等が多い傾向です。

無形文化遺産は遺跡などのように形が無いため、人の手によって語り継がれなければなりません。
つまりお寿司や焼き魚など、ある特定の和食が登録されたのではなく、私たちが普段口にしているものが世界に認められたという事です。
毎日食べていなくても、お正月にお節を作ったり、お雑煮を食べたりしますよね。
年中行事に合わせたメニューを考え、それに合わせた器を使う、その食に対する姿勢、考え方が無形文化遺産なんです。

無形文化遺産に登録されたことで見える和食の危機

和食を無形文化遺産に登録しよう!という動きは、日本人が『和食』を忘れつつあるということの現れでもあるかもしれません。
昔の日本人のように、一汁三菜で旬の食材を楽しむ、そんな毎日はなかなか送れませんよね。

食料自給率の低下や食品廃棄率世界一など、日本の食の背景はどんどん悪化しています。
便利な時代になったので、コンビニへ行けば24時間、いつでも美味しい食事を食べることが出来ますよね。
ファーストフードや外食産業も、ひと昔前とは比べ物にならないほど進歩しています。

現代の日本の家庭で、お節や桃の節句、端午の節句など、年中行事を大切に執り行っている家庭がどのくらいあるのでしょうか?
和食が無形文化遺産に登録されたことを喜ぶのではなく、登録されたからこそ改めて、日本の食文化を見直さなければならない時期になっているのかもしれません。

毎日、ユネスコに登録されたような『和食』を用意するのは不可能であっても、年に何度か『和食』を楽しむ習慣を忘れないようにしたいものですね。
世界に誇れる食文化を持っていることを、一人一人が自覚しておかなければなりません。