グルメサービス

飲食店の混雑状況を確認して即予約できる「TableCheck」

テーブルチェックのキャプチャー画像
画像引用元:TableCheek
( https://www.tablecheck.com/ja )

予約がスムーズに取れると噂のTableCheckって?

食べログやぐるなびなどで見つけたお店に予約をしようと思って電話しても、満席で断られることって多いですよね。
特に、週末の夜なんかはどこもいっぱいで、複数件電話でお店の状況を確認しなければならないこともザラにあります。
急いでお店を決めなければならないときは、ストレスにもなってしまうでしょう。
そのストレスをなくしてくれるのがTableCheckです。

お店の混雑状況をTableCheckが把握してくれているため、自分でお店の予約状況を確認しなくても良くなります。
しかも、オンラインで即予約が可能なので、お店を決めてサイト上で申し込めば予約の電話をかける必要がないのです。

グルメ情報サイトの中にはオンライン予約可能なサイトもありますが、満席であるかどうかまではすぐにわかりません。
TableCheckで予約をすれば、あとは何の心配もなく予約日にお店へ行くだけです。

TableCheckのしくみはどうなってるの?

数多くあるグルメサイトでも、混雑状況に応じた予約の受付をしているところはありません。
ある程度の予約の可否はわかりますが、即時は難しいですよね。

TableCheckで即時予約が出来る理由は、大元のTableSolutionというシステムがあるからです。
これは飲食店の予約台帳システムで、TableCheckと連動しているため、即時予約可否の判断がネット上で可能になります。

TableCheckで予約が可能なお店は、TableSolutionを導入しているお店に限定されます。
TableCheckを開けばシステム導入店が表示されますので、私たちユーザーは行きたい地域、ジャンルを選ぶだけという手軽さなんですよ。

どんなお店が登録されているの?

TableSolution導入店のみと聞くと、選べるお店の数が少ない気がしませんか?
私も初めはそう思っていたのですが、食べログなどで出てくるようなお店はもちろん予約可能ですし、食べログなどには載っていない隠れた名店なども掲載されています。
比較的多くのお店の候補の中から選んで予約することが出来るんですよ。

他のインターネット予約対応しているところは、ネット予約用に席数を抑えているのですが、TableCheckではそういったことを行わず、均等に席の予約が可能ですので予約も取りやすくなっています。
TableCheckでは、インバウンド対策として海外から日本に来た旅行者の獲得にも乗り出し、外国人向けのサービスも行っています。
海外からの旅行者に対しては、即時予約と同時に、即時決済のシステムを導入することでドタキャン対策も為されているのです。